カテゴリー: 育毛対策

育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは!それぞれのメリットとデメリットについて

メリットデメリット
手軽にできる薄毛や抜け毛対策として、育毛剤などを使われる方は多いと思います。

しかし実際にいざ使おうと思うと、育毛剤や発毛剤や養毛剤などもあり、いったいどれが一番いいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は育毛剤と発毛剤と養毛剤について、それぞれの特徴やメリットとデメリットなどをご紹介します。

発毛剤の特徴について

発毛剤は抜けてしまった毛を新しく生やす効果があります。比較的強い薬を使っているため医薬品に分類されている事が多く、中でも最も効果が高いものは専門医の処方箋が必要になる場合もあります。

発毛剤のメリットとしては高い効果が期待できる事に加えて、抜けてしまった毛を新しく生やせるという事が一番大きなメリットです。

反対にデメリットは下記に紹介する育毛剤などに比べて値段が高いことや、強い薬の場合は男性ホルモンの減少などの副作用がある場合もある事です。

育毛剤の特徴について

育毛剤は既にある毛を育てて太く健康にして抜けにくい毛を作る効果があります。

発毛剤と比べると毛を生やす効果はありませんが、医薬部外品に相当するものが多く比較的手に入れやすいのでドラッグストアなどでも購入が可能なものが多いです。

育毛剤のメリットは特に発毛剤と比べて副作用がなく安全にしようができる事があります。また発毛剤よりも安価で続けやすいというメリットもあります。

反対にデメリットは、効果がゆっくり現れてくるためおよそ3ヶ月程度は継続して使用する必要がある事です。

養毛剤の特徴について

養毛剤は髪の毛の栄養剤のようなもので元気な髪を維持する目的で使用する場合が多いです。

化粧品に分類される事がほとんどなので、ドラッグストア以外でもデパートやコンビニなどに置かれている事も多く安価なので手軽に入手しやすいです。

養毛剤のメリットは育毛剤と同じく使いやすい事に加えて頭皮環境を整えてくれる効果があるので、フケやかゆみの防止にも効果があります。

反対にデメリットは髪の毛を育てる直接的な効果がないので、薄くなってから使っても効果がないほとんどない事です。

早めの対策と継続利用が大切

最も値段の高い発毛剤でも、使用した翌日に急に髪の毛が生えてくるような事はありません。継続して使ってこそ様々な効果が期待できます。

得られる効果も発毛剤、育毛剤、養毛剤とそれぞれ異なっているので、自分の目的にあうものを選ぶようにしましょう。

また育毛対策に取り掛かるのが遅いと改善に時間がかかりやすくなってしまいます。薄毛に悩んでいる人だけでなくまだ気にしていないという人でも、早めの対策を心がけることが大切です。