カテゴリー: 腸内環境改善!

乳酸菌サプリとアトピーの関係について

乳酸菌サプリとアトピーの関係
乳酸菌は腸内環境を整えるだけではなく、近年ではその他の面で有効に利用ができるのではないだろうかということが言われています。

その効果に注目して、サプリメントの中に乳酸菌を入れるものも販売されています。

そんな乳酸菌でありますが、アトピーにも効果があるものがあるというのはご存知でしょうか?

乳酸菌には種類によってはすごいパワーがあるのです。 では、なぜいい効果を期待できるのでしょうか?

ラクトバチルス菌は免疫機能を抑えてくれる

乳酸菌にはいろいろな種類がありますが、アトピーに効果があるのはラクトバチルスという名前の乳酸菌です。

この菌の効果というのは、免疫機能の調整をしてくれるTレグ細胞というものの働きを浴してくれる効果があります。

アトピーというのは基本的な原理として、免疫機能の過剰反応が原因となっているものであり、それによって皮膚が荒れたりして痛みなどを伴うというようになっています。暴走した免疫機能を抑えてくれる機能があるからこそ、アトピーの症状が和らぐというわけです。

ですので、サプリメントを選ぶときにはラクトバチルス菌が入っているサプリメントをしっかりと選んでおけば、アトピーの症状が改善する可能性があるといえます。

ビフィズス菌の入っているものは要注意

ただ、乳酸菌の中にはアトピーをかえって悪化させるものもあります。それがビフィズス菌です。この菌に関しては、ラクトバチルス菌と違って免疫力を活性化させるような効力を持っています。

免疫力を活性化させることによって、免疫が暴走しているような状況をかえって応援してしまっているような状況を作ってしまいます。

ビフィズス菌が入っているサプリメントについては避けた方がいいでしょう。

アトピーにも有効な乳酸菌サプリメントはありますが、そうでないものもありますので、アトピーの治療が目的の方が乳酸菌サプリを選ぶ際には十分な注意が必要となります。

乳酸菌+ビフィズス菌サプリを飲んで親子で健康になろう

ビフィズス菌のここがすごい!

ビフィズス菌は、人間の大腸に最も多く住んでいる菌です。そこで良質なビフィズス菌を腸内に摂り入れることで有機酸の生成を促し悪玉菌の増殖を防ぐことが出来るのです。

つまり、便秘やアトピー等のアレルギーの原因となる悪玉菌をやっつけるという非常に有用な効果を持っている菌なのです。

さらにビフィズス菌は元々腸内に住んでいる菌であるために、生きたまま腸内に届きその働きを十分に発揮することが出来ます。

ビフィズス菌が含まれている乳酸菌サプリは、ビフィズス菌が悪玉菌を抑制し乳酸菌が善玉菌を増殖させるというW効果によって、非常に良い腸内環境を作り出すことが出来るのです。

ビフィズス菌がたっぷり含まれたサプリ「ビフィズス菌BB536」

ビフィズス菌BB536
そんなビフィズス菌のたっぷり配合されたサプリが今回ご紹介する「ビフィズス菌BB536」なんです。

こちらはあの森永乳業さんが開発・販売しているサプリであり、独自に研究し発見された新しいビフィズス菌BB536が配合されているというのが大きな特徴です。

このビフィズス菌はただでさえ健康によいビフィ鈴菌の中でも最上級に質の高い菌です。この有効成分の効果は多岐にわたり、主に5つの嬉しい効果をもたらしてくれます。

一つは、整腸作用です。便秘だけでなくゆるいお腹も防いでくれるため、お子さんと一緒に飲むこととより良いでしょう。

二つ目は、感染症を防ぐ働きです。風邪やインフルエンザに強い体を作り上げてくれます。

三つ目は、アレルギーを予防する効果です。ビフィズス菌BB536がアレルギーのもととなる物質の働きを緩和させてれるので、厄介なアトピー等の症状をやわらげてくれます。

四つ目は潰瘍性大腸炎の予防です。こちらは大腸に炎症が起こってしまう病気で、腹痛の原因となるケースが多々有ります。ビフィズス菌BB536こうした症状も軽くすることが出来るのです。

そして、最後の五つ目は、骨の強度を高める効果です。意外に思うかもしませんがこの菌はカルシウムの吸収を助ける作用も持ちます。そのため、成長期の子どもにとっても強い味方となってくれる成分なのです。

腸内環境をきれいにする乳酸菌の効能

乳酸菌の効能
腸内環境を整えることは健康に役立つだけではなく、美容にも良い影響を与えます。その腸内環境を整える機能を持っている成分が「乳酸菌」です。

乳酸菌が便秘の改善に効果があることはよく知られていますが、それだけではなく、体を内側から若返らせます。

乳酸菌とは

乳酸菌は俗に言う善玉菌の一種であり、糖質や食物繊維から乳酸を作り出し、腸内環境を弱酸性に保ちます。逆に、悪玉菌はたんぱく質から発がん物質などの毒性物質を作り出し、腸内をアルカリ性にします。

従って、乳酸菌によって腸内を弱酸性にすれば、アルカリ性の好きな悪玉菌の増殖を抑えることができ、有害な物質も発生しにくくなります。

また、外から侵入してくる細菌の多くは酸性を苦手としているため、体内での活動が弱まります。なお、乳酸菌というのは特定の菌を指しているのではなく、腸内で多くの乳酸を作り出すものは、すべて乳酸菌と呼ばれています。

乳酸菌は働き者

乳酸菌の効果は多岐にわたっており、以下のようなメリットを得られます。

ダイエット

食事によって摂った脂質や糖質はエネルギーとして代謝されますが、その量が過ぎれば、体脂肪として蓄積されてしまいます。

乳酸菌は小腸で脂質や糖質の吸収を抑え、排出を促進する働きがあり、それがダイエットに役立ちます。

便秘の解消と予防

腸内で悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、老廃物を排泄するためのぜん動作用が低下し、腐敗物が溜まりやすくなります。すると、悪玉菌がさらに増えるという悪循環に陥り、結果として便秘をもたらします。

逆に、乳酸菌は腸のぜん動を活性化する働きがあるため、乳酸菌を摂取すると便秘の改善に繋がります。

免疫の強化

人の体には免疫システムがあり、免疫細胞がウイルスの侵入を防いだり、攻撃したりして体を守ります。乳酸菌はその免疫細胞の働きをサポートする効能があります。

なお、免疫細胞には花粉症やアトピー性皮膚炎を引き起こすという負の面もありますが、乳酸菌はそのような活動を阻止します。

ちなみに、免疫システムの大部分は小腸が担っており、乳酸菌によって腸内環境を整えることが、体全体の健康を守ることになります。