乳酸菌サプリとアトピーの関係について

乳酸菌サプリとアトピーの関係
乳酸菌は腸内環境を整えるだけではなく、近年ではその他の面で有効に利用ができるのではないだろうかということが言われています。

その効果に注目して、サプリメントの中に乳酸菌を入れるものも販売されています。

そんな乳酸菌でありますが、アトピーにも効果があるものがあるというのはご存知でしょうか?

乳酸菌には種類によってはすごいパワーがあるのです。 では、なぜいい効果を期待できるのでしょうか?

ラクトバチルス菌は免疫機能を抑えてくれる

乳酸菌にはいろいろな種類がありますが、アトピーに効果があるのはラクトバチルスという名前の乳酸菌です。

この菌の効果というのは、免疫機能の調整をしてくれるTレグ細胞というものの働きを浴してくれる効果があります。

アトピーというのは基本的な原理として、免疫機能の過剰反応が原因となっているものであり、それによって皮膚が荒れたりして痛みなどを伴うというようになっています。暴走した免疫機能を抑えてくれる機能があるからこそ、アトピーの症状が和らぐというわけです。

ですので、サプリメントを選ぶときにはラクトバチルス菌が入っているサプリメントをしっかりと選んでおけば、アトピーの症状が改善する可能性があるといえます。

ビフィズス菌の入っているものは要注意

ただ、乳酸菌の中にはアトピーをかえって悪化させるものもあります。それがビフィズス菌です。この菌に関しては、ラクトバチルス菌と違って免疫力を活性化させるような効力を持っています。

免疫力を活性化させることによって、免疫が暴走しているような状況をかえって応援してしまっているような状況を作ってしまいます。

ビフィズス菌が入っているサプリメントについては避けた方がいいでしょう。

アトピーにも有効な乳酸菌サプリメントはありますが、そうでないものもありますので、アトピーの治療が目的の方が乳酸菌サプリを選ぶ際には十分な注意が必要となります。