腸内環境をきれいにする乳酸菌の効能

乳酸菌の効能
腸内環境を整えることは健康に役立つだけではなく、美容にも良い影響を与えます。その腸内環境を整える機能を持っている成分が「乳酸菌」です。

乳酸菌が便秘の改善に効果があることはよく知られていますが、それだけではなく、体を内側から若返らせます。

乳酸菌とは

乳酸菌は俗に言う善玉菌の一種であり、糖質や食物繊維から乳酸を作り出し、腸内環境を弱酸性に保ちます。逆に、悪玉菌はたんぱく質から発がん物質などの毒性物質を作り出し、腸内をアルカリ性にします。

従って、乳酸菌によって腸内を弱酸性にすれば、アルカリ性の好きな悪玉菌の増殖を抑えることができ、有害な物質も発生しにくくなります。

また、外から侵入してくる細菌の多くは酸性を苦手としているため、体内での活動が弱まります。なお、乳酸菌というのは特定の菌を指しているのではなく、腸内で多くの乳酸を作り出すものは、すべて乳酸菌と呼ばれています。

乳酸菌は働き者

乳酸菌の効果は多岐にわたっており、以下のようなメリットを得られます。

ダイエット

食事によって摂った脂質や糖質はエネルギーとして代謝されますが、その量が過ぎれば、体脂肪として蓄積されてしまいます。

乳酸菌は小腸で脂質や糖質の吸収を抑え、排出を促進する働きがあり、それがダイエットに役立ちます。

便秘の解消と予防

腸内で悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、老廃物を排泄するためのぜん動作用が低下し、腐敗物が溜まりやすくなります。すると、悪玉菌がさらに増えるという悪循環に陥り、結果として便秘をもたらします。

逆に、乳酸菌は腸のぜん動を活性化する働きがあるため、乳酸菌を摂取すると便秘の改善に繋がります。

免疫の強化

人の体には免疫システムがあり、免疫細胞がウイルスの侵入を防いだり、攻撃したりして体を守ります。乳酸菌はその免疫細胞の働きをサポートする効能があります。

なお、免疫細胞には花粉症やアトピー性皮膚炎を引き起こすという負の面もありますが、乳酸菌はそのような活動を阻止します。

ちなみに、免疫システムの大部分は小腸が担っており、乳酸菌によって腸内環境を整えることが、体全体の健康を守ることになります。